Apple

【新型iMac】新型のiMacはディスプレイが現行型よりも大型化か 有力リーカーが示唆


有力なリーカーである「l0vetodream」によると、新型iMacが今年中に発売される予定であるとし、このiMacは現行のラインナップモデルよりも大きなディスプレイを備えていると伝えています。

Appleは現在、21.5インチと27インチの「iMac」を販売していますが、Appleはより洗練されたデザインにくわえ、さらに高速なパフォーマンスを発揮させると言われています。
なお、iMacは2012年以来大幅なデザインの更新が施されていません。

l0vetodreamによると、21.5インチモデルは24インチに、27インチモデルにとって代わる新型は、さらに大きな32インチのディスプレイを備えているとされ、ツイートによれば、「‌iMac‌の画面は本当に大きくなります。最大(27インチ)のものよりもさらに大型になる」と伝えています。

新しい情報では、ブルームバーグによると新しい「iMac」は、よりスリム化したベゼル、ディスプレイ下部の金属部分、通称”アゴ”の廃止、およびPro DisplayXDRと同様のデザイン言語を備えていると報告しています。
ちなみにAppleのスタンドアロンハイエンドモニターであるProDisplay XDRは32インチディスプレイを搭載しています。

また再設計に加えて、もちろんCPUには次世代のアップルシリコンチップが搭載されるとされ、ブルームバーグによると、Appleは16個もの高性能コアと4個の効率コアを備えたチップをテストしているようだ、と伝えています。

また新型のiMacは多色展開によりカラフルになるとされています。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /