情報・小ネタ

【CES 2021】Intel、次世代の「AlderLake」チップを発表


Intelがデスクトップおよびモバイル処理用に設計された次世代のAlder Lakeチップを発表しました。

Intelによると、新開発のAlder Lakeチップは、x86アーキテクチャの「重要なブレークスルー」であり、Intelのこれまでで最もパワフルなものとなっています。

2021年の後半に登場するとされる新しいAlder Lakeチップは、Intelの新しい10nm SuperFinプロセスに基づいて構築され、AppleのM1チップと同様、高性能コアと高効率コアを1つの製品に統合しています。

Intelによれば、新しいチップは、電力と効率を最大化する機能を通じて、「よりスマートで、より速く、より効率的な」実世界のコンピューティングを提供するとしています。

現在、MacではAppleシリコンへの移行がすでに始まっているため、Appleが今後Intelチップを搭載するかどうかは明らかではありません。これまでのところ、AppleはM1チップ搭載マシンとして‌「Mac mini」、「MacBook Pro」、および「MacBook Air」を昨年デビューさせており、今年2021年には追加のAppleシリコンマシンが登場する予定とされています。

Appleは最終的にMacのラインナップ全体でAppleシリコンチップを搭載することを計画しているため、今後、移行が進むにつれて新しいIntelチップが搭載されるMacが登場するかどうかは不明です。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /