Apple

【折りたたみ式iPhone】Apple、2種類のプロトタイプ「折りたたみ式iPhone」の耐久試験を実施か 


台湾のウェブサイトEconomicDaily Newsによると、2種類のプロトタイプとなる「折りたたみ式iPhone」が耐久テストに合格したと伝えています。

2種類の異なるプロトタイプiPhone用にAppleが設計した折りたたみヒンジの耐久試験が中国の深センにあるFoxconnの工場で最近行われたようで、試験を受けた内の1種類のiPhoneは「デュアルスクリーンモデル」だったようです。

これは、2020年6月にMac RumorsのJon Prosserが伝えたのと同じデュアルディスプレイ型である可能性があり、Prosserは、このモデルが2つの独立したディスプレイパネルがヒンジで接続されていると伝えています。

またProsserは、パネルが「シームレス」に見えると主張しており、ディスプレイのつなぎ目がほとんどわからないようになっているようです。

このモデルについて、Appleは2つの別々のディスプレイを備えたデバイスの特許(上図)を取得しており、これらを組み合わせてヒンジで接続された単一の折りたたみ式デバイスとなっており、ここで伝えられるモデルと非常によく似ています。

次に試験を受けた2種類目のプロトタイプモデルは、Samsung Galaxy ZFlipやLenovoのMotoRAZRによく似たタイプとなっているようです。

UDNのレポートでは、このタイプのモデルはサムスン製のOLEDディスプレイを使用するように設計されていると伝えられており。Mac Rumorsは以前にもAppleが2020年の初めにテスト目的で「多数」のSamsung製折りたたみ式スマートホンのディスプレイのサンプルを注文したとも伝えています。

なお、今回試験対象となった2モデルのヒンジ機構が同一かどうかは不明であり、さらには完全に動作するデバイスではなく、内部パーツが非常に限られた試作品であったようです。
つまりテストの主たる目的がAppleの設計したヒンジ機構の耐久性を調査することであったためであり、これら2種類のモデルのうち1モデルを選定し、今後の継続的な開発を行っていくためであるとされています。

昨年秋にAppleは折りたたみ式iPhoneをFoxconnに送って、10万回以上の開閉テストを行ったとされており、UDNは、折りたたみ式の「iPhone」の発表は、早くても2022年後半または2023年以降になると予測しています。

ちなみに、Mac Rumorsによると、Appleは2016年に「折りたたみ式iPhone」に関連する多数の特許(下図)を申請しており、折りたたみ式「iPhone」での作業がかなり進んでいる可能性が高いとみられています。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /