未分類

【移植】Microsoft、Xboxクラウドゲームサービスを2021年春にiOS向けに提供 


本日、Microsoftがクラウドベースのゲームサブスクリプションサービスである「Xbox Game PassUltimate」を2021年春からiOSおよびPC(Windows)ユーザーにも提供することを発表しました。

発表によると、iOSユーザー向けにおいてGame Passはアプリ経由ではなく、Webブラウザー経由でiOSに提供されるとのこと。

これは、今年の初めにAppleが「アプリが単一のアプリを介してクラウドから複数のゲームをストリーミングすることを禁止」するといったApp Storeの規約を行なったため、XboxストリーミングアプリをiOSに導入する計画が停滞していました。

これは、Appleが、サービスのライブラリ内の各ゲームをレビューできないことが潜在的なセキュリティリスクであると考えているためで、Game Passストリーミングは、各ゲームがAppleのルールの下で独自のアプリとして利用可能である場合にのみ実行可能となっています。

そこで、Microsoftはアプリの代わりにブラウザを使用することで、同じサービスを提供しながら、Appleの「AppStore」ルールの「抜け穴」を突いたものとされています。XboxのチーフであるPhilSpencer氏は、Appleは「人々に見てもらいたいユーザーエクスペリエンスを引き続き受け入れている」と皮肉まじりに語っています。

マイクロソフトのゲームストリーミングサービスである「Xbox Game Pass Ultimate」の会員に向けサービスが提供され、欧米はじめ日本でも100を超えるゲームをiOSで利用できるようになります。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /