携帯・スマホ

【sub6周波数帯】ドコモ、クアルコムと世界初のsub6周波数帯による5Gキャリアアグリゲーションを提供開始


NTTドコモ(以下、ドコモ)とQualcomm Technologies, Inc.(以下、クアルコム)が、sub6と呼ばれる3.7GHz帯と4.5GHz帯の周波数を束ねるキャリアアグリゲーション(以下、sub6-CA)を本日2020年12月7日から世界で初めて提供開始しました。
これにより、5Gで日本国内最速の下り最大4.2Gbpsの高速通信が実現されることになります。

sub6-CAはクアルコムの「SnapdragonTM 865」と「Snapdragon X55 5G モデム-RFシステム」を搭載している下記の端末、

<sub6-CA対応機種※1※2>

Xperia 5 II SO-52A
Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A(2020年12月対応予定)
Wi-Fi STATION SH-52A(2020年度冬以降対応予定)

で利用可能となります。

3.7GHz帯と4.5GHz帯の周波数帯でそれぞれ100MHzの帯域幅を束ねることで、5Gの高速通信を可能になり、2020年9月からドコモでサービスを開始した28GHz帯に加えて、sub6-CAを活用しながら下り最大4Gbpsを超える高速通信が可能なエリアを展開されるということです。

ドコモ(報道資料発表)

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /