AirPods Max

【新製品】Apple、ノイズキャンセリング付きオーバーイヤーヘッドホン「AirPods Max」を発表 12月15日発売、61,800円で 


Appleは8日、AirPods Maxと呼ばれる新型のワイヤレスオーバーイヤーヘッドフォンを発表しました。これには、ハイファイオーディオ、アダプティブEQ、アクティブノイズキャンセリング、空間オーディオなどの主要な機能が搭載されています。価格は61,800円で、Apple公式サイトおよびApple Storeアプリで注文でき、12月15日から発売されます。

カラーは「スペースグレー」、「シルバー」、「スカイブルー」、「グリーン」、「ピンク」の5色。
Appleによれば、ヘッドホンはステンレス鋼のヘッドバンドにまたがる「通気性のあるニットメッシュ」を備えており、重量を分散して頭の圧力を軽減しているとのことです。

気になる音質についてAppleによると、「AirPods Max」は、「リッチで深みのある低音、正確なミッドレンジ、そしてくっきりとしたクリーンな高周波エクステンション」を提供すると言われ、40mmのApple設計のダイナミックドライバーが搭載されているとのこと。
各イヤーカップには「計算オーディオ」用のAppleのH1チップが搭載されており、「可能な限り最高品質のリスニング体験」が提供されます。

Apple Watchと同様に、AirPods Maxは1つのイヤーカップにデジタルクラウンを備えており、正確な音量調節と、オーディオの再生または一時停止、トラックのスキップ、通話の応答または終了、Siri音声コントロールのアクティブ化を行うことができます。

またアクティブノイズキャンセリングモードと透明モードを切り替えるためのノイズコントロールボタンもあり、AirPods Pro同様、外部の音を取り入れて、ヘッドホンを外さなくても周囲と自然に対話することができます。

バッテリー駆動時間も、アクティブノイズキャンセリングと空間オーディオを有効にした状態で最大20時間の再生が可能とのこと。

他のAirPodsモデルと同様に、AirPods Maxには、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVなど、ユーザーのiCloudアカウントにサインインしているすべてのデバイスとのワンタップセットアップと自動ペアリングされ、ヘッドホンが装着されたことを自動的に検出する光学センサーと位置センサーが組み込まれています。

また、所定の位置に配置されるとAirPods Maxはオーディオを再生し、取り外した後、またはユーザーが1つのイヤーカップを持ち上げたときに一時停止されます。

AirPods Maxには、「Smart Case」と呼ばれるキャリングケースと、Lightning toUSB-Cケーブルが同梱され、Appleによれば、「Smart Case」にAirPodsMaxを収めると超低電力状態なり、使用していないときにバッテリーの消費を抑え、バッテリーの持ち時間を維持することが可能になるとのこと。

AirPods Maxは、米国およびその他25を超える国と地域で発売され、12月15日火曜日に出荷が開始されます。
日本での価格は61,800円となっています。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /