Apple

【新カラー?】Apple、MacBookなどのモデルにマットブラック仕様を開発か


MacRumorsによると、Appleは、iPhone、iPad、Apple Watch、MacBook(Patently Apple経由)など、さまざまな製品モデルにおいてマットブラック仕上げのカラーの特許を申請しているようです。

先ごろAppleが米国特許商標庁に提出したとされる特許出願では、「マットブラックの外観を有する陽極酸化部品」と題され、仕上げの特徴とそれを製造するためのプロセスの概要を示しているとのこと。

この特許では、アルミニウム、チタン、ステンレスといった素材を含む、さまざまな金属および金属合金に使用できることを示しているようです。

仕上げについて、「可視光を吸収することができるランダムに分布した光吸収機能」を含む陽極酸化層を含んでおり、この層には「色の粒子が細孔内に注入される」細孔が含まれ、結果として得られる表面は、深くて濃いマットブラックになるということです。

ただし、まるっきり真っ黒な「漆黒」を実現することは非常に困難とされ、おそらくは濃い灰色または青色となるようです。
なお、この特許では、「陽極酸化層の細孔内に染料粒子を単に堆積させるだけでは、真の黒色を与えるには不十分である」と説明されているようです。

これに関係して、問題の1つには、一般に、漆黒に近くなればなるほど、仕上げの光沢度は高くなり、大量の可視光を反射してしまうことにありますが、陽極酸化層の表面を細孔でエッチングする際に、Appleは「一般的にすべての可視光」を吸収して、光沢度を増すことなく、より「漆黒」で非光沢な仕上がりを実現することができるとしています。

Appleのソリューションは、既知の最も暗い物質の1つである「Vantablack」などの既存の真っ黒なソリューションと同等とされ、最大99.965パーセントの光を吸収することができるとされています。

他のカラーオプションもありますが、AppleはマットブラックのMacBookをこのかた提供したことはありませんが、かつて「iPhone7」などの他の製品で数色のマットブラック仕上げを開発、展開したことがあります。

注意したいのは、Appleがこれまで申請した特許出願全てが販売に至っているわけではなく、多くの特許を取得したアイデアはお蔵入りとなっています。
このマットブラック特許も同様のものかどうかはまだ不明ですが、一つ言えることは、Appleが舞台裏で何を研究し開発しているかについてわかる興味深い特許であり、商品化に至る可能性は十分にあると言えることでしょう。

source:MacRumors


じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /