携帯・スマホ

【MVNO潰し】日本通信、ドコモの”MVNO潰しプラン”に激怒! 対抗の新料金プラン「SSDプラン」を16GBのデータ量に70分/月の通話料金を含めて1,980円で12月10日に新発売!


日本通信が、昨日ドコモが発表した新料金「ahamo」への対抗プランを新発売することを決定しました。

これは「MVNO潰し」とも見られるドコモの新料金に対する、MVNOの代表としての対抗プランを1,980円で投入するに至ったということです。

新料金プラン「SSDプラン」は、16GBのデータ量に70分/月の通話料金を含めて1,980円[税別、以下すべて税別表記]で、12月10日、木曜日に新発売されます。

「SSDプラン」の16GBは、総務省が示すデータ使用量の分布によれば、85%の利用者をカバーできる容量となりますが、ドコモの新料金プランのサービス開始日から、20GBへ自動的に増量されるということです。来春からデータ通信の接続料が引き下げになることを活用し、16GBから20GBヘ料金を変更せずに増量するという、日本通信ならではの合理性を追求した料金プランとなっています。

ドコモの新料金プランはまだ3ヶ月も待たなくてはいけませんが、SSDプランは、来週からすぐに使い始めることができ、かつドコモがサービス開始する日には20GBへと自動増量されるので、今は存在しないプランを待つ必要がありません。しかも今は存在しないプランより3割以上合理的となっているとしています。

SSDプランは、基本データ容量(16GB、ただしドコモ新料金プランのサービス開始日以降は20GB)を超えた場合には、1GBあたり250円で使った分だけの料金が自動適用される「おかわり課金方式」を採用され、しかも契約者自身で上限値の設定ができるため、それぞれの使用者にとって最適な容量のプランをつくりながらも、実際の支払いはデータ使用量に応じた分だけという合理的な携帯料金になっていることが画期的です。

SSDプランにおいても、16GB(ドコモ新料金プランのサービス開始日以降は20GB)から30GBの間の1GB単位で上限設定することが可能であり、ネット中心の使い方を想定したSSDプランでは、通話アプリやチャットが多く、いわゆる携帯電話の通話は少ないものの1回の通話時間を気にしなくてよいように70分/月の国内通話も付与されています。

しかも万一70分を超える通話料となったとしても、30秒あたり10円という携帯キャリアの半額となっており、これはもちろん、専用通話アプリ不要で、通常の電話操作、携帯キャリアと同じ通話品質であることが特徴となっています。

プレスリリース
日本通信公式
PDF

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /