Apple Watch

【廃止】Apple、Apple Watch Series 6の発売に伴い、”EDITION”のセラミックモデルを廃止


Appleは今回発表されたApple Watch Series6の発売に伴い、Series5にラインナップされていたハイエンドモデルである“EDITION”の「プレミアムセラミックモデル」を廃止しました。

Apple Watch Series 6の素材には、昨年導入されたアルミニウム、ステンレススチール、チタンが含まれていますが、セラミックは含まれていません。
一方で、アルミニウムモデルには、シルバー、ゴールド、スペースグレーがあり、さらに今回新たにブルー(PRODUCT)RED版のレッドの2色加わっています。

なお、ステンレススチールモデルはグラファイト、シルバー、ゴールドで利用でき、チタンモデルはスペースブラックとシルバーが用意されています。

“EDITION”のチタン製モデルはエルメスとのコラボモデルを除き、最も高価なモデルであり、最安の仕様でも82,800円からとなっています。

ちなみに、アルミ製Apple Watchモデルの価格は42,800円、ステンレススチールモデルは72,800円からとなっています。

さらにAppleはSeries 6に加えて廉価版となる「Apple Watch SE」も導入し、価格は29,800円からとなっており、またApple Watch Series 3は引き続き19,800円で販売されています。


じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /