Apple

【互換性】新しいiPhone SEとiPhone 8、分解と互換性


新しく発売されすでに顧客の手元に行き渡り始めている新しいiPHone SEですが、分解と修理でおなじみの「iFixit」が早速iPhone SEの分解とレビュー、そしてiPhone 8との互換性について伝えています。

iFixitによると、iPhone SEとiPhone 8はパーツ構成での共通性が多く、iPhone 8に使われている同じ部品の多くで修理できることが可能であり、さらに性能面でもiPhone11 Proに搭載されているものと同じA13 Bionicチップのおかげで飛躍的となり、また価格もiPhone 11の価格の半値で購入できる「お買い得」なモデルと評価しています。

互換性のあるパーツについては、カメラ、SIMトレイ、Tapticエンジン、ディスプレイアセンブリ(マイクと近接センサーを含む)はすべてiPhone 8のものと交換可能。

互換性のないものとしては、ホームボタンは交換可能ではなく、修理時に元のホームボタンを再利用するか、社外品のホームボタンでTouch IDのないものに置き換えるか、真面目にAppleに修理を依頼する必要があります。
また、バッテリーについても互換性がありそうに見えますが、バッテリーのロジックボードのコネクタが8のものとは異なっているため互換性はないとのことです。

総評として、基本的にほとんどの新しいiPhoneは、後発の新製品と旧製品では互換性がほとんどない、または全く無いことが多く、今回の新しいiPhone SEについては多くのパーツに互換性があることで、非正規の修理業者などにとっては仕入れのし直しもなく朗報であるといえます。

iPhone 11やiPhone 11 Proのような高性能な機能を備えているわけではありませんが、最新のプロセッサと豊富な修理部品を備えた新しいiPhoneが4万円弱という価格で提供されるのは素晴らしいことといえます。

現在iFixitではパーツの互換性だけでなく、さらに多くのテストも進行中であると伝えており、今後のレビューも興味深いものになると思われます。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /