Apple

FoxconnがApple製品の需要減少により従業員を削減


3月14日以降、世界中のほとんどのApple Storeが閉店しているため、Appleのデバイスの需要は減少しています。その結果、Financial Timesによると、これらのデバイスを組み立てているFoxconnの工場は、スタッフを削減し、残業時間を削減していると伝えています。

iPhoneが組み立てられているFoxconnの鄭州複合施設の複数の従業員について、Foxconnは採用を一時停止し、2月の工場閉鎖後に一時生産を増やしたものの、その際に雇用した臨時労働者の一部を削減し始めたとのことです。

また社員の残業時間も削減され、Foxconnは休暇を取ることを社員および従業員に奨励しているとされ、ある社員によると4月10日以来残業を行っていないとのこと。

ペガトロンも需要の減少により従業員を削減しており、工場の従業員によると、約1,000人の臨時および第三者労働者が解雇されたといわれています。

Appleは、韓国の小売店を皮切りに、店舗を再開しました。アメリカ本国の店舗がオープンする時期は依然として不透明ですが、アップルは5月の再開を目指しています。

Appleは各地域の現地の状況とガイドラインを考慮に入れて、ストアが早期の終日営業に戻ることが期待されています。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /