Apple

新型iPad Pro(2020)のA12ZチップはA12XよりGPUコア数が1つ多いだけだった


2020年の新型iPad Proには、旧型となる2018年の「iPad Pro」の「A12X」プロセッサーと同じとされる「A12Z」プロセッサーが搭載されていますが、有効化されたGPUコアが1つ多いだけであることがTechInsightsによって本日確認されました。

Appleが同じチップを使用しているという憶測は新型iPad Proが発売されて間もなく始まり、ベンチマークテストによりパフォーマンスの向上はみられず、iFixitによる分解によってもほぼ同じ構成であることが確認されていました。

【同じiPad Pro 2020のA12Z BionicチップはA12Xとほとんど同一か 9to5Macによれば、iPad Pro2020に関するベンチマークとレビューについて、性能的には2018モデルよりわずかに優れてい...
iPad Pro 2020にはU1チップが搭載されていないことが明らかに MacRumorsによると、先週リリースされたばかりの新型のiPad Pro 2020にはU1チップ(Ultra Wideband:...

AppleはCPUについての変更を公式HPなどでもとくに記載していませんが、今回、TechInsightsによって新型の「A12Z」は8コアのGPUが有効化されており、旧モデルのA12Xの7コアより1コア多く有効化されていることが確認されました。

当時、TechInsightsは、フロアプラン分析を実施して、現在完成しているA12XとA12Zの間に違いがあるかどうかテストしており、結果、GPUチップは同じであると述べていました。

今春のモデルでAppleがiPad Pro用に新しくA13Xプロセッサを開発しなかったことから、今秋にiPad Proのメジャーアップデート版がリリースされ、A14Xプロセッサーを搭載する可能性が非常に高いと予想されています。

via:Mac Rumors

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /