Apple

【iPhone12シリーズ】5G iPhoneは「iPad Pro」のデザインを踏襲したデザイン? フラットなエッジと小型化されたノッチを搭載か


ブルームバーグによると、Appleが今年発売を予定している「iPhone 12 Pro」および「iPhone 12 Pro Max」は「iPad Pro」やかつての「iPhone 4」のようなスクウェアスタイルのデザインとなり、フラットなステンレススチールのエッジ、鋭く丸みを帯びたコーナーとフラットな側面、およびより細いノッチを備えていると伝えています。

これは先週Apple Postが2020 iPhoneのレンダリングをリリースした後であり、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxの信憑性の高いデザインとされているようで、「iPad Pro」のデザインが今年の新しいiPhoneのデザインの先例であるとも言われています。

今年のモデルについて、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの後継モデルを含む4つの新しい「iPhone 12 Pro」シリーズと、iPhone 11に代わる2つのローエンドモデルである「iPhone 12」をリリースする予定とされています。
ブルームバーグはこれについて、「少なくとも2つのハイエンドデバイス」は、ノッチが小型化され、現在の湾曲した側面のデザインからフラットに変更され、ステンレス鋼のエッジが「iPhone 4」や「iPhone 5」のデザインを彷彿させると伝えています。

また、「HomePod」の小型モデルも今夏登場すると伝えられており、現行モデルの約半分の大きさとなるとされています。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /