Apple

2020年第1四半期でMacの出荷が20%以上減少か


Canalysが共有した新しいデータによると、Macの出荷について2020年の第1四半期に20%以上減少したと推定されています。
原因としては世界中の企業や工場の閉鎖により、「生産と物流の問題が大幅に遅れ」、出荷台数は前年比で8%減少したとされます。

トップの立つLenovoは1,280万台の出荷で安定しており、常にPC市場をリードし続けています。2番目にHPが1,170万台、次にDellが1,049万台でした。

Appleは、2019年の第1四半期に推定400万台のMacを出荷しており、2020年の第1四半期には320万台となり21%の減少となりました。
これは、Lenovo、HP、Dell、Acerを含む他の上位5ベンダーと比べても、前年比で大幅な減少となりました。

ただし、出荷数が減少していますが、2020年の第1四半期にはコロナウイルス対策で世界各地にて厳格な封鎖措置が行われ、そのため在宅勤務や研究・学習の要件に牽引されて需要が急増したため、Canalysは今後数週間にわたって健全な利益を報告し、営業利益率が史上最高に達すると予測しています。

Canalysはまた、「他の多くの家庭用テクノロジー」が在宅勤務と学習への移行の中で大きな成長を遂げたと伝えています。これには、ヘッドフォン、Webカメラ、プリンター、モニターのほか、コラボレーション、仮想デスクトップ、リモートアクセス、セキュリティのための在宅勤務ソフトウェアソリューションが含まれているとされます。

ただし、アップルはこれらのカテゴリの多くの製品を製造していないため、利益に直接結びつくことはないと思われます。

Canalysのアナリスト、Ishan Dutt氏によれば、PC業界の需要は第1四半期は多くはないようです。

第2四半期に入ると、中国の生産制約は緩和されましたが、第1四半期に見られたPC需要の急上昇は持続する可能性が低く、以降はそれほど需要が上昇することはないようです。
その理由として、多くの企業が運営見直しなどを余儀なくされ、オフィスのテクノロジーに投資する企業はほとんどないと思われるとし、世界的な不況に見舞われています。そのため、倒産する企業や、それにともなう多くの失業者が増えていくという影響もあり、政府や大企業でさえ、他の案件での支出を優先する必要があるためだとDutt氏は伝えています。

Canalysのデータは、サプライチェーン分析と消費者調査に基づいており、Appleは現在開示していないため、推定値についてはiPhoneやiPad、Macなど特定の販売データのみを算出することはできないとのことです。

source:Canalys

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /