ニュース

【呉越同舟】AppleとGoogleがコロナウイルス問題対策でタッグを組む 追跡技術を


AppleとGoogleは本日、政府と保健機関が世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルスの感染拡散を減らすために、Bluetoothを用いて濃厚接触の可能性を検出する技術を共に開発すると発表しました。

Appleは、ユーザーのプライバシーとセキュリティがプロジェクトにおける開発の中心になると述べており、ユーザーがこれに賛同してもらうことこそ「この取り組みの最も重要なもの」としています。

AndroidとiOSデバイス間の相互運用を可能にするAPIを開発

新型コロナウイルスは感染した人と濃厚接触することで伝染する可能性があるため、公衆衛生担当者は、接触追跡が感染拡大を抑えるのに役立つ貴重なツールであることを確認しました。
世界中の多くの主要な公衆衛生当局、大学、NGOが、連絡先追跡技術を開発するために重要な作業を行っています。
この技術をさらに発展させるために、AppleとGoogleは、アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)とオペレーティングシステムレベルのテクノロジーを含む、包括的なソリューションを立ち上げ、連絡先の追跡を可能にするとしています。

現在の状況から緊急な必要性を鑑み、ユーザーのプライバシーに関する強力な保護を維持しながら、5月からAppleとGoogleは公衆衛生当局のアプリを使用してAndroidとiOSデバイス間の相互運用を可能にするAPIをリリースするとのこと。
これらのアプリは、ユーザーがiOS App StoreおよびGoogle Play からダウンロードできるようになります。

アップルジャパン、日本でも追跡技術を展開予定

共同通信によると、アップルジャパン(東京)は新型コロナウイルスの感染追跡技術について、日本でも展開する方針を明らかにしたとされています。

具体的な技術に関してTechCrunchでは、専用のアプリをインストールすると、ランダムに識別子が端末利用者の電話に割り当てられ、Bluetooth経由で他の近くのデバイスに送信されます。なお、この識別子によって個人情報が特定されることはないとのこと。
また、アプリに陽性であると登録したとしても、他のユーザーやAppleまたはGoogleに識別されることはないとのこと。

これが15分ごとにローテーションし、識別子は世界中の医療機関の中継サーバーを通り感染者リストが作成されます。

リストにおけるすべてのID照合はデバイス上で行われ、ユーザーは14日間以内にiPhoneがウイルス検査で陽性であると識別した人のデバイスの近くにあったかどうかが確認することができます。
公開されたことが通知されたユーザーは、アプリを通じて何をすべきかについての手順を受け取ることができます。

AppleとGoogleは、陽性であると報告したユーザーからの情報を含め、追跡機能に位置データは使用しないとのこと。

このツールは、影響を受けた人々がどこにいたかではなく、他の人々の周りにいたかどうかを判断することを目的とされているとしています。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /