Apple

【iOS 14】Apple、ユーザーがアプリをインストールせずにアプリを部分的に操作できる機能を搭載か


9to5Macが入手したiOS 14の初期ビルドによると、Appleはユーザーがサードパーティアプリの選択したコンテンツやエクスペリエンスを、アプリをインストールする必要なしに一部の操作をできるようにする新機能を開発しているとのことです。

Androidの「スライス」のような機能

このレポートによると、iOS 14コードで「クリップ」と呼ばれる新しいAPIを使用すると、ユーザーはアプリにリンクされたQRコードをスキャンすると、画面上のフローティングカードを介してそのアプリのコンテンツを操作できるようになるとのこと。

このカードには、App Storeからアプリのフルバージョンをダウンロードするオプション、またはアプリが既にインストールされている場合はアプリでコンテンツを開くオプションが表示されるということです。

これと似た機能ではAndroidに「スライス」という名前の機能があります。

現在Appleは、OpenTable、Yelp、DoorDash、YouTube、およびソニーのPS4 Second Screenアプリでこの新機能をテストしていると言われています。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /