未分類

Apple、FaceTimeのバグを修正したwatchOS 6.2.1をリリース


Appleはリリース後にバグが見つかったwatchOS 6.2の修正版となる、watchOS 6.2.1をリリースしています。

Appleのリリースノートによると、watchOS 6.2.1は、watchOS 6.2を実行しているApple WatchがiOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前を実行しているデバイスとの「FaceTime」通話ができないバグを修正しています。

またAppleは、iOS 13.4.1をリリースして同じバグを修正しました。これにより、以前のバージョンのiOSを実行しているデバイスでのオーディオおよびビデオの「FaceTime」通話ができない問題が解消されます。

watchOS 6.2.1は、AppleがwatchOS 7での作業に移行するため、「watchOS 6」オペレーティングシステムの最後のアップデートの1つになる可能性があり、これについては6月に発表され、秋にリリースされる予定となっています。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /