Apple

【リーク】iPhone12、より小型になったノッチや新設計の背面カメラの搭載、ホーム画面にウィジェットを配置可能か


SNSにて、iPhone 12の背面カメラおよびiOS 14でホーム画面にウィジェットが導入される可能性についての情報が共有されています。

Twitterにて、Fudge(choco_bit)という人物が共有する画像は、画面上のインターフェース要素を備えたスマートフォンの前面と背面のグラフィック表現を表しています。

注目すべき2つの焦点は、デバイスのノッチのサイズです。これは、現在Face IDを搭載したiPhoneで見られるものより約3分の1の大きさであり、デバイスの背面カメラのレイアウトも4眼レンズとなっています。

ちなみにAppleのアナリストでリーク情報の信憑性に定評のあるMing-Chi Kuo氏は、2020年の新しいiPhoneの少なくとも1つはフロントカメラのレンズが小さくなり、画面とベゼルの比率が向上し、最終的に前面のノッチが小さくなると伝えています。

一方、再設計された背面カメラは、iPad Pro 2020のLiDARスキャナーと同様の設計で、「iPhone 12」に登場する新しい3Dカメラの噂に関するオンラインチャットを生成しています。

また別の画像では、デバイスのメインディスプレイには、ホーム画面のアイコンの中でウィジェットのようなものが配置されており、「iOS 14」に搭載される新しい機能の一つとして、Appleはウィジェットを「iPhone」のホーム画面に初めて搭載することに取り組んでいると考えられています。

しかしながら、これらの画像は信憑性に乏しく、過信するには注意が必要かもしれません。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /