Apple

【ファームウェア更新】Apple、iOSおよびiPadOS 13.4.1をリリース FaceTimeバグを修正


アップルは本日、iOSおよびiPadOS 13.4.1をリリースしました。

今回のアップデートでは、 iOS 13.4を実行しているデバイスからiOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前を実行しているデバイスとのFaceTime通話に参加できない問題が解決されます。
また、ホーム画面のクイックアクションメニューからBluetoothを選択できない原因となる設定アプリのバグも修正されています。

これは、iOS 13.4およびmacOS 10.15.4のリリース直後に発見された「FaceTime」の問題によりこれらのアップデートを実行しているiPhone、iPad、およびMacから第3世代の「iPad」、iPhone 4S、第1世代の「iPad」mini、および第5世代のiPod touch。「iPad」2など、サポート終了によりアップグレードできなくなった古いデバイスから「FaceTime」での通話ができないという問題がユーザーより報告されていました。

問題の原因がバグか、はたまた意図的なものかは明確ではありませんでしたが、本日のアップデートに含まれる修正により、AppleがiOS 13.4を実行しているデバイスが古いデバイスと通信を終了(いわゆる切り捨て)する意図がなかったことが明らかになりました。

iOS 13.4.1アップデートの完全なリリースノートは以下のとおりです。

iOS 13.4.1には、「iPhone」のバグ修正が含まれています。

-iOS 13.4を実行しているデバイスが、iOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前を実行しているデバイスで「FaceTime」通話に参加できなかった問題を修正しました。
-ホーム画面のクイックアクションメニューからBluetoothを選択すると失敗する、設定アプリのバグに対処しました。

「iPadOS」13.4.1アップデートは、同じ2つの問題を修正しますが、コントロールセンターの[懐中電灯]ボタンまたはロック画面がオンになった後、新しい11および12.9インチiPad Proモデルで懐中電灯がオンにならない可能性がある3番目のバグにも対処しますタップ。

Appleが作業をiOS 14に移行する準備をしているため、iOS 13.4.1はiOS 13オペレーティングシステムの最後のアップデートの1つになる可能性があります。ただし、AppleはすでにiOS 13.4.5のベータテストを行っているため、少なくとも1つの追加アップデートがあります。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /