Apple

【スキル向上】Apple、AI関連企業のVoysisを買収してSiriの自然言語スキルを向上を図る


ブルームバーグによるとAppleは今週、AI(人工知能)関連企業である「Voysis」と呼ばれる会社を買収したことが伝えられています。

最先端の人工知能開発によって、AppleがSiriの自然な言語理解のスキルを向上させるための開発に役立つ可能性があります。

AIアシスタント開発の最先端企業

「Voysis」は、より高度な要求を理解するためのアプリケーションでデジタルアシスタントの開発に取り組んでいる企業です。

アイルランドのダブリンに本拠を置く「Voysis」は、もともとオンラインショッピングアプリ内のデジタルアシスタントに焦点を当てて開発を行ってきたという経緯があることから、このソフトウェアはユーザーからの音声コマンドにより正確に応答することができました。

削除された会社のWebページには、このテクノロジーでは「新しいLED TVが必要」、「予算は1,000ドルで~」などのショッピングフレーズも処理することが可能であり、製品検索結果を絞り込むことができると記載されていました。

なお、VoysisはこのAIを他の企業に提供し、自社のアプリや音声アシスタントに組み込んでいきます。。

Googleアシスタントは、自然言語の理解と処理において注目を集めており、 Voysisの買収は、AppleがSiriとの地位を確立するための1つの方法となる可能性がありそうです。

Voysisのシステムは、2016年にGoogleのDeepMindによって最初に開発された、人間に似たコンピュータ音声を作成するためのAIベースの方法であるWavenetsを利用しています。 AIが学習していく際には、わずか25メガのメモリを使用するだけで、ハードウェアにも負担がかからないようになっています。

これにより、インターネットに接続せずともスマートフォンで学習を実行するのがはるかに簡単になるということです。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /