Apple

【同じiPad Pro 2020のA12Z BionicチップはA12Xとほとんど同一か


9to5Macによれば、iPad Pro2020に関するベンチマークとレビューについて、性能的には2018モデルよりわずかに優れていることが判明していますが、どうやら2020年モデルのiPad ProA12Zバイオニックプロセッサは、2018モデルのA12Xバイオニックプロセッサと比較して物理的な違いが最小限である、という程度のものとされています。

基本的には同じものか?

Appleは新しいiPad Proのプレスリリースで、A12Z Bionicプロセッサーの変更点の1つは8番目のGPUコアの追加だと述べました。ただし、ノートブックチェックは、2018年のA12Xバイオニックプロセッサが実際には8つのGPUコアを備えていることを確認しているが、1つは無効になっていると主張しています。これは、Appleがその8番目のGPUコアを単に有効にしただけで、プロセッサのマーケティング名を変更したということです。

このレポートは、SoCの内部を明らかにすることに焦点を当てた会社であるTechInsightsからの確認を引用しています。

TechInsightsのシニアテクノロジーフェローの1人である福崎雄三氏は、A12Xには物理的に8つのGPUコアがあることを確認しており、A12Zについてはフロアプラン分析を実施して、A12Xとの違いを確認する予定だと語っています。

Notebook Checkによれば、「基本的に、A12XとA12Zは同じ物理チップであり(A12Zフロアプラン分析の結果は保留中)、CPUとGPUコアの物理的な数は同じ。Anandtechは、A12Zが実際にはA12Xをモディファイしただけの可能性がある」と述べています。

また、同レポートで示唆されているように、Appleが春のiPad Proアップデート用の新しいA13Xプロセッサを開発をためらった可能性があることも一理あるようで、この秋にはiPad Proの新しいマイナーチェンジがおこなわれ、A14Xプロセッサーを搭載する可能性が非常に高いということを挙げています。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /