Apple

Apple、2021年にArmベースのプロセッサを搭載した複数のMacを発売。USB4サポートが2022年にMacに登場する可能性も


Appleは2021年に独自に設計したArmベースのプロセッサーを搭載した複数のMacノートブックとデスクトップコンピューターを発売する予定であるとアナリストのMing-Chi Kuo氏が伝えました。

Kuo氏は、ArmベースのプロセッサがMacのラインナップの競争上の優位性を大幅に高め、Intelのプロセッサロードマップに依存せずにMacモデルを更新し、かつ、プロセッサのコストを40〜60%削減できるうえ、MacとWindowsとのハードウェアの差別化を強化できることが期待できると語っています。

ARM Macは来年はじめに発売予定か

Kuo氏はこれについて、ARMベースのプロセッサーを搭載したアップル初のノート型Macは、2020年の第4四半期または2021年の第1四半期に発売されると予測しています。

さらにKuo氏は、ASMedia TechnologyがArmベースのMac用のUSBコントローラーの独占的サプライヤーになることも予測しており、2022年にはMacがUSB4をサポートすることも予測しているとのこと。

USB4は、ThunderboltとUSBプロトコルを、Thunderboltをロイヤリティーフリーで利用できるようになり、Thunderbolt関連アクセサリをより広く安価に利用できるようになります。

USB4はThunderbolt 3に基づいているため、最大40Gbpsのデータ転送速度も可能であり最新のUSB 3.2 Gen 2×2仕様の帯域幅の2倍の速度を誇っています。また、USB4の基盤となるThunderbolt 3プロトコルは、仕様が単一のケーブルで最大2つの4Kディスプレイまたは1つの5Kディスプレイをサポートすることも可能とされています。

USB4は基本的にThunderbolt 3と同じですが、上記で記したようにロイヤリティフリーであるため、メーカーは使用料無料で製造することができます。
USB4の仕様は2019年9月に公開され、Appleは2022 Macのリリースに合わせて開発を進めているとされています。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /