Apple

【いつのまにか値上げ】Apple、米国以外のオンライストアでカスタマイズ(CTO)仕様のMacをいつの間にか最大10%の価格引き上げ


Appleは先週の新しいMacBook AirとiPad Proのローンチ誇大広告の期間中に、米国以外のオンラインストアでほとんどすべてのCTO(カスタマイズ)仕様のMacの価格をいつの間にか引き上げていました。

カナダ、ヨーロッパ、オーストラリア、およびアジアの多くの国では、新しい‌MacBook Air‌、MacBook Pro、iMac、iMac Pro、Mac Pro、またはMac miniをカスタマイズする場合、各コンポーネントのオプションごとに以前よりも約10パーセント値上げされています。

たとえば英国では、基本構成2.3GHz 8コア16インチMacBook Proをカスタマイズする場合、2.4GHzプロセッサへのアップグレードは以前は180ポンドでしたが、200ポンドに値上げされています。

同様に、16GBから32GBのRAMへカスタマイズする場合、400ポンド(以前は360ポンド)、AMD Radeon Pro 5500M GPUの4GBから8GBへのアップグレードには100ポンド(以前は90ポンド)、1TBストレージから2TBへのアップグレードには400ポンド(以前は360ポンド)という感じにこっそり値上げされてます。

合計で、このハイキングにより、この受注生産の16インチ‌MacBook Pro‌の価格の合計は3,789ポンドだったのが3,899ポンドに。差額としては110ポンド高くなっているようです。

Macの標準構成モデルの価格変更はなかったため、オプション価格の変更が目立たなかった理由です。
Appleが米国外の消費者向けにカスタマイズ仕様Macの価格を値上げした理由は明らかにされてはいませんが、為替レートの変動、供給の制約、労働力不足、そしてコロナウイルス問題などが絡んでいるのかもしれません。

いずれにしても、プロセッサ、RAM、グラフィックス、およびストレージのアップグレードが先週と比べて約10%高くなっている事実は変わらないようです。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /