Apple

【カメラ性能】6.7インチの次期iPhoneに搭載されるカメラ センサーシフト式で手ブレ補正機能搭載?


アップルは2020年にリリース予定している「iPhone 12」のハイエンドモデルである6.7インチモデルに、センサーシフト式手ブレ補正機能が搭載されるという情報が入りました。

センサーシフト式で手ブレ補正機能搭載?

Appleリークで著名なアナリスト、ミン・チー・クオ氏によると、次期「iPhone 12」の6.7インチモデルにはセンサーシフト式手ブレ補正機能が搭載されると予想しているようです。

情報の詳細は限られていますが、センサーシフト技術により次期型iPhoneの6.7インチモデルにはウルトラワイドレンズに手ブレ補正機能がもたらされる可能性があるということです。

現行モデルのiPhone 11 Proには、写真とビデオの両方に対して光学式手ブレ補正を備えていますが、これはワイドまたは望遠レンズを使用している場合に限られています。
しかしながらセンサーシフト式ではカメラセンサー自体に適用され、特定のレンズに依存しなくなるため、センサーシフト式手ブレ補正機能によってOlloClipのような取り付け可能なレンズアクセサリーでより性能を発揮できるようになります。

また、台湾の業界誌DigiTimesは、センサーシフト画像安定化技術が今年6.7インチiPhoneに搭載されると予想しており、2020年に噂されている2つの6.1インチiPhoneのハイエンドモデルでも利用できると伝えているようですが、冒頭で述べている通り、クオ氏はこの機能が搭載されるのは6.7インチモデルの「iPhone 12」に限定されると予想しています。

なお、ここで話題となっている6.7インチiPhoneは、かつてこれまでのモデルの中では最大サイズのディスプレイを備えていることになります。
したがって、現行のiPhone 11 Pro Maxは6.5インチですので、6.7インチモデルはこれよりも若干サイズが大きくなると噂されています。

あわせてクオ氏は、2022年に発表されるiPhoneにペリスコープレンズが搭載されるかもしれないということも報告しています。

iPhoneは現在、2倍の光学ズームと10倍のデジタルズームで最大になっていますが、ペリスコープレンズが搭載されることによりファーウェイのP30 Proのような5倍の光学ズーム、その後継機と噂されているP40 Proのような10倍の光学ズームが可能になります。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /