Apple

【ベンチマーク】新型「MacBook Air」  旧モデルに比べCore i5モデルでは最大で76%も性能アップ!


18日に発売が開始された新型のMacbook Air (Early 2020)ですが、sixcolorsによれば性能が大幅に向上しているとのことです。

先日発売された新型のMacbook Airには、3モデルでIntel製第10世代Coreプロセッサーを搭載しており、Core i3 1.1GHz(デュアルコア)、Core i5 1.1GHz(クアッドコア)、Core i7 1.2GHz(クアッドコア)がラインナップされています。

Six ColorsのJason Snellは、テスト用に1.1GHzクアッドコアCore i5プロセッサを搭載したミッドレンジMacBook Airを使用し、彼はこの構成のGeekbench 5ベンチマーク結果を公開しています。
これによれば、シングルコアスコア1,047とマルチコアスコア2,658が含まれており、今回ベンチマークデータで明らかになった点としてミッドレンジモデルとなる”Core i5 1.1GHz”を搭載したモデルで、シングルコアのスコアは1,047、マルチコアのスコアは2,658は旧モデル「MacBook Air (2018)」に比べのCore i5搭載モデルと比較して最大76%も性能が向上していることが判明しました。
ちなみに、前モデルである2019年モデルと今回比較が行われた2018年モデルのプロセッサーは同じものを搭載しています。

新型MacBook Airの価格は10万4800円から全モデルよりも15,000円ほど安くなっていますが、ローエンドモデルはデュアルコアCore i3チップに限定されているため、プラス1万円でオプションのCore i5を選択することをおすすめします。

その構成のGeekbench 5の結果はまだあまり一貫性がないため、パフォーマンスの正確な情報はまだ出ていませんが、現在シングルコアとマルチコアの平均スコアはそれぞれ849と1,685で、2018年と2019年モデルに比べれば10%ほど高速になります。

via:MacRumors
https://www.macrumors.com/2020/03/20/2020-macbook-air-benchmarks/

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /