Apple

【新設計】Apple、第2四半期までに新型シザー式キーボードを搭載したMacBook ProとMacBook Airを発表か


Appleは、ARM製プロセッサを搭載したMacBookシリーズの開発を行っているという情報とともに、信頼できる情報筋であるMing​​-Chi Kuo氏によると、Appleが第2四半期(4月~6月)に新しいMacBook Airおよび新しいMacBook Proモデルを発表すると予測しているようです。

これはすなわち、今年の6月までにすべてのApple製品でバタフライ式キーボードが消滅することを意味しています。

一部のモデルで第2四半期までに新型シザー式キーボードを搭載か

以前にKuo氏は、13インチのMacBook Proが今年前半に新しいシザー式キーボードを搭載し、その数か月後にAirが続くと予測していましたが、最新のレポートでは、MacBook AirとMacBook Proの両方が今夏までに発表されることを伝えています。

ただしこのMacBook Proのアップデートが、以前にKuo氏がレポートで伝えていた14.1インチのMacBook Proと同じものかどうかは不明で、16インチのMacBook Proのスペックの更新も行われるかどうかも不明です。しかしKuo氏のレポートには、MacBook Proのエントリーモデルに大量のサプライヤーが記載されているようで、情報はもう少し待つ必要がありそうです。

WWDC(開発者会議)において基調講演の一部となり得る情報で、発売されるタイミングとしては第2四半期(6月)の終わり頃になるものと見られます。
しかし、コロナウイルスの影響でWWDC開催は取り沙汰されており、これらのマシンに対するAppleのリリース計画が如何であるかを予測するのは難しいのが現状。

なおKuo氏によると、AppleのMacBookの売り上げは、コロナウイルスの影響を受けてはいるものの、同社の事業の部分中では再起能力が強いとされ、供給能力は一時的に生産停止の影響を受けたものの、3月末までには注文再開に向けて心血を注いでいることを伝えています。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /