Apple

Apple、Apple Watchで血中酸素濃度の検出機能などが搭載 iOS14の開発コードより判明か


9to5Macによると、Appleは、将来的にApple Watchの機能で健康に焦点を合わせた少なくとも2つの新機能を開発しているようで、その1つの新たなApple Watchの機能に、血中酸素濃度を検出する機能を追加することがわかったとのことです。

Apple Watch Series6または次期OSへのアップデートで可能か

ちなみに血中酸素濃度の指標として、95〜100%の血中酸素濃度は健康と見なされ、血中酸素濃度が80%未満の場合は心臓と脳の機能が損なわれる可能性があります。血中酸素飽和度が低い状態が続くと、呼吸または心停止のリスクがよくみられます。そういった状態をApple Watchで計測が可能となるとのこと。

そのためにAppleは、一定のしきい値以下の低血中酸素飽和度を検出し、ユーザーへ心拍数の測定に基づいて通知する新たなヘルスケア通知を開発しているとのことです。

酸素飽和度
現時点では、血中酸素の検出と通知に必要な詳しいハードウェアとソフトウェアは不明。

新しいヘルス機能には、将来のApple Watch Series 6で可能になるものとみられます。また、次期バージョンとなるwatchOS 6またはwatchOS 7は今秋登場するものとみられます。

また、以前Appleは心拍数モニターをApple Watch Series 4で心電図機能を搭載しており、測定方法についてはおそらくこの内蔵の心拍数モニターを介して血中酸素濃度を測定するものと考えられているようです。

source:9to5Mac

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /