Apple

【無償修理】Apple iPad Air 第3世代の画面の問題における修理プログラムを開始


Appleは本日、2019年に発売された第3世代iPad Airで「画面に何も映らなくなる」問題に対し、新しいリコールおよび交換プログラムを発表しました。同社は、2019年3月から2019年10月の間に製造された一部のユニットで、ディスプレイに何も映らなくなる問題が判明した、と述べています。

2019年3月〜10月の間に製造された第3世代のiPad Airモデルが対象

Appleによると、影響を受けているモデルの画面において、元に戻せなくなる前に数回予期せずちらつくことがあるしています。そして、対象となる製品をもつ人に対し、ディスプレイの交換を無料で行うと発表しています。

Appleは、特定の状況下で、上記の期間に製造されたiPad Air(第3世代)の画面が真っ暗になる場合があると認め、画面が真っ暗になる前に、ちらつきやフラッシュが表示される場合があると伝えています。

なお無料の交換プログラムに該当するモデルは、2019年3月から同年の10月の間に製造された第3世代のiPad Airが対象となり、これ以外の期間に製造された同機種についてはこのプログラムの対象とはならないので注意が必要です。

無償修理プログラムの対象となる製品をお持ちの方は、Appleに連絡するか、Apple Storeまたは認定修理センターに直接持ち込んで、iPadが無料で交換できるかどうかを確認してもらうことができます。このプログラムは第3世代iPad Airの最初の小売販売後の2年間で影響を受けるデバイスを対象としています。

以下のサービスオプションのいずれかを選択して、iPad Airの修理を依頼することができます。なお、修理の前にiPad Airは、サービスの前に検査され、このプログラムの対象であることが確認されます。

このプログラムの詳細については、以下にてご確認ください。

iPad Air (第 3 世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム(公式)

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /