Apple

【部品不足】Apple、コロナウイルスの影響で修理対応のiPhone用部品や交換品に供給が間に合わないとApple Storeに通達か


ブルームバーグによると、世界的に蔓延しているコロナウイルスの影響で、AppleはApple Storeの一部の店舗においてデバイスの修理のための部品や修理交換専用のiPhone供給が間に合わない旨の通達を出したとされています。

また同様に従業員に対しても蔓延しているアジア各国および欧州への渡航を制限し、直営店舗に対しても店舗内と展示品の清掃・消毒を徹底する旨の通達を出したとされています。

コロナウイルスの影響で修理交換対応専用のiPhoneが品不足

この報道によると、Appleは直営店であるApple Storeおよびオンラインストアのテクニカルサポートスタッフ(ジーニアスなど)に、顧客が修理不可能(水没・破壊など)なiPhoneを持ち込み、交換となった「専用のiPhone」について「2〜4週間は供給できない」と伝えたとされます。

ちなみにこの「交換対応用のiPhone」は、あくまで交換専用のもので機能や動作は同じものですが、一般販売用のものや整備済み(返品されたiPhoneをAppleが整備し、未使用品と同等の保証をつけた)iPhoneとは違うもの。

この問題に対処するために、Appleはサポート対応の従業員に「交換用のiPhoneが遅れる旨を顧客に伝え、郵送されるまで待ってもらう」か、かわりに「遅延を緩和するために代替のデバイスを提供できる」、と伝えたといいます。

しかし、iPhone自体の制約に加えて、Appleは個々のiPhone部品の供給不足も伝えたと言われ、現状、修理も交換もできないという状況を意味しています。

また、ブルームバーグによると、最近ではiPad Proの不足やiPhone 11の供給が国際的にだんだんと少なくなっていることから、これらの問題はのアジアのサプライヤーの休業等により「コロナウイルスの流行がAppleにも非常に影響しはじめた兆候」であると推測しており、同様に今回の修理用の部品も不足しているのもコロナによる影響の1つと推測しているようです。

またAppleは従業員に対しても、ウイルスが非常に蔓延しているイタリアおよび韓国への渡航を制限したことが報告されており、今後可能な場合はオンラインによる会議を行っていく方針を出したとされ、直営店においても店舗の清掃および展示品の消毒清掃の徹底を従業員に通達しているとのことです。これに関連するようにAppleは現在イタリアの一部の店舗を一時的に閉鎖しています。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /