Apple

Appleが新たに「Made in India」マーケティングキャンペーン iPhone 6を強烈にプッシュ

 

◇ 拡大するインド「スマホ」市場 インド製iPhoneでデバイスの低価格を強調

 

Appleは昨年6月にインドでiPhone 6を製造し始めた。AppleのサプライヤであるWinstronは、同年3月にインドでiPhone工場の承認を初めて受け、国内でiPhone SEの生産を開始していた。

新しい「Made in India」 iPhone 6s広告キャンペーンは、Varun KrishnanがTwitterで最初に発見。Appleは、iPhone 6sがユーザーに4Kビデオ付き12MPカメラ、Retina HDディスプレイ、A9プロセッサ、そして「長寿命」(The Vergeより)を提供するとしている。

Appleはインド政府によって課された輸入税を回避する方法として、「Made in India」イニシアチブを使用。

しかし、当地での製造に焦点を当てているにもかかわらず、Appleはインドでは不振気味だ。

同社は、ブランドイメージを向上させる方法として、今年初めに日付の古いiPhone 6の販売を中止し、さらにAppleのインドチームは、昨年、リストラを行い、元NokiaのエグゼクティブAshish Chowdharyをインド事業の責任者に任命している。

AppleとTim Cookは、インドのスマートフォン市場が拡大していることを非常に強気に見ていたが、最近のデータによると、Appleのインド市場におけるシェアは非常に少ない

 

Appleはインド国内でApple Storeをオープンするための承認を得るために、インド国内生産で30%の製品製造要件を満たすため、今後インドでの市場開拓に力を入れていくとみられている。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /