Apple

AppleがiPhoneの電池寿命を最大で51%も誇張していると指摘 英国の消費者団体

英国の消費者擁護団体「which?」による新しい調査では、AppleがいくつかのiPhoneモデルのバッテリー寿命を誇張していると主張している。

それによると、特にiPhone XRの実際のパフォーマンスは、通話時間に関して、Appleの主張と比較して最大の食い違いがあるという。

同グループによると、9種類のiPhoneモデルをテストしたところ、いずれもAppleの公表より18%から51%も及ばなかったという。
iPhone XRにおいては、Appleは最大25時間の通話時と公表しているのに対し、実際の通話時間は16時間32分だった。
which?の実験に回答するように、これに対しAppleは自社製品を「厳密に」テストし、自分たちのバッテリーの主張を支持していると繰り返し答え、Appleはそのテストプロセスも詳細に公開した。
「我々は自社の製品を厳密にテストし、バッテリー寿命の主張をしている。ハードウェアとソフトウェアの緊密な統合により、iPhoneはバッテリーの寿命を最大限に延ばすために電力使用量をスマートに管理するように設計されている。我々のテスト方法論は当然それを反映している。which?の試験方法とは当然異なるものであろうから、我々の結果と比較すること自体できないものだ。ここで試験方法を詳細に公開している。」
一方で、which?は試験方法について、新品で購入したばかりのiPhoneをフル充電してから、連続通話中の通話時間を測定したと主張している。
じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /