Apple

台湾で男性がAirPodを誤飲 胃の中でも動作し「魔法のよう」と感激

台湾人で男性が誤って飲み込んだAirPod。しかし胃の中にあってもまだ機能していたとのことだ。

 

デイリーメールによると、AirPodを装着したまま眠りに落ちたが、目覚めると片方が見当たらなくなっていたという。

そこでiPhoneの追跡機能を使って、探してみるとまだ彼の部屋にあり、彼の周囲でそのビープ音が鳴っているのが聞こえたという。

 

男性曰く、「自分の毛布の周りを見回したが見当たらなかった。しかし 、音が腹の中で鳴っているのに気づいた」。

 

病院に行き、そこでX線検査でAirPodの位置を確認。”なんとかして”腹の中から出し、洗浄して乾燥させた後も動作しており、「魔法のようだ」と彼は感動したという。

 

Tim Cookは先日の決算報告でAirPodsを「文化的現象」と呼んだ。そして今回、「医学的現象」とも言えることができそうだ。

 

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /