Apple

海で紛失したApple Watchが半年後に動作可能状態で発見

カリフォルニア州のハンティントンビーチでボディサーフィンをしているときにApple Watchを失った男性、Robert Bainterは半年前に海でApple Watchを失くしたという。

しかし、今月になって発見され、彼のもとに戻ってきたという。

 

 

海で紛失したApple Watchが半年後も動作可能状態で発見!

 

地元の報道、機関KTLAによると、昨年末にハンティントンビーチでサーフィンしている間、大きな波にもまれた際にApple Watchは彼の腕か抜け落ち海中で紛失。

その後、彼は自分のApple WatchのFind My iPhoneアプリを通して紛失モードをオンにし、Apple Watchの画面に所有者(自分)の電話番号と紛失したことを知らせるメッセージを表示させた。

そうして6ヶ月が経ち、Bainter自身はは自分の時計を見つけることができなかったが、その後彼のApple Watchを見つけたという人から電話があったという。

 

電話をした人曰く、彼が失した場所から北に3マイル(約5キロ)のところでBainterのApple Watchを発見し、しかもApple Watchはまだ動作可能状態だという。

 

Appleによれば耐水性能を大幅に向上させているが、同社はApple Watchが完全防水であるとは謳っていない。

だが今回の一件で、Apple Watchが最大50メートルの水深(海中でさえ)も耐えることができることの宣伝にもなり、そして水泳、サーフィンなどのためのその有用性であることも証明された。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /