Apple

今日はアースデイ Apple、マングローブの再生プロジェクトについて報告

沿岸水域で植生するマングローブは陸上の木の10倍もの炭素を吸収する。

そのため、Apple は昨年、コロンビアのマングローブ修復プロジェクトに投資していると発表。同社は今日のアースデイにおいて、環境プロジェクトについて報告した。

 

Apple、11,000ヘクタールのマングローブ林を保護し再生するプロジェクトを支援すると発表

マングローブの木は「地球上のあらゆる場所の中で最も密度の高い炭素貯蔵庫である」と、このプロジェクトに関してAppleと提携している非営利組織「Conservation International」の最高経営責任者であるM. Sanjayanは「実際にあなたの一生の間に温暖化を変えたいならば、それからマングローブの破壊をやめ、再生することが最大の方法の1つだ。」と述べている。
Conservation Internationalは、失われたマングローブ林から毎年10億トンもの二酸化炭素が放出されていると推定。これは、2017年のアメリカの自動車、バス、航空機、およびボートからの年間総排出量に相当するという。

Appleが資金援助した事業は、堆積物に閉じ込められた炭素の分析を行い、植物を保護するためのインセンティブを開発するもので、iPhoneリサイクルプログラムにおいて2015年と比較して35%低い二酸化炭素排出量を達成、実に4倍の成果だ、と発表した。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /