Apple

Apple、Swatchとの広告スローガン対決でまたも敗れる

前回Appleはスイスの時計製造業者Swatchとのスローガン「Think differentとTick different」 対決で破れている

今回、The Sydney Morning Heraldが報るに、Appleはオーストラリアにて「One more thing…」というフレーズをSwatchが使えないようにする試みにも失敗したようだ。

 

「One more thing…=Steve Jobs」だから使うな!

 

Appleはオーストラリアの商標局に対して、[One more thing…」というフレーズはすなわち、Steve Jobsと同義語であるため、他社がそのフレーズを用いることは許されるべきではないと主張。

もちろん、Jobsは普段からApple Keynotesで定期的にそのフレーズを使っていたが、Tim Cookも然りである。Appleは、Swatchがそのフレーズの域を超えて商標として使用することを許可されるべきではなく、代わりに別のフレーズを商標として申請するべきであると主張している。

しかしながら、スウォッチは「One more thing…」という表現を使って、「フィルムノワールにインスパイアされた一連の」時計を発売すると発表。だがそのフレーズは「刑事コロンボ」からインスパイアされたとしている。

最終的には、審査官はSwatchの側に付き、Appleに対し訴訟費用の支払いを命じた。

その理由として審査官は、Appleはかつてこれまで「One more thing…」というフレーズを「特定の」商品またはサービスと組み合わせて使用​​したことは一度もないと説明し、

 

「新製品や新たなサービスを発表する前の常套句として使用されてきたこのフレーズは、その製品やサービス内容とは全く関係がなく、さらにそれらに対し再び使用されていることさえない」

として、最終的に判決が下された。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /