facebook

FTC(連邦取引委員会)がFacebookの情報機密保持問題についてMark Zuckerbergの調査を検討

2018年3月のfacebookの一連のプライバシー管理問題について、連邦取引委員会(FTC)がFacebookの調査を開始している。調査では、2011年にFacebookに対しソーシャルネットワークにおいてプライバシーの取り扱いについて改善要求したFTCとの約束を守らなかったのかどうかに焦点が当てられており、とある報告によれば、FTCはこの調査の一環として、FacebookのCEOであるMark Zuckerbergにとりわけ狙いを定め、綿密に調査しているという。

 

FTC(連邦取引委員会)がFacebookの情報機密保持問題について調査に乗り出す

 

ワシントンポストからの報告によると、連邦規制当局は、プライバシー管理に関するZuckerbergの過去の発言を調査し、彼がFacebookの多数のプライバシー問題に責任があると審議しているという。報告によると、FTCの退役軍人は捜査官に「とりわけZuckerbergに直接狙いを定めて」彼をさらなる連邦の監督下に置くよう奨励したとのことだ。

FTCはまた、Zuckerbergおよび他のFacebookの幹部らに、「定期的に会社のプライバシー管理について理事会に承認を受けること」を要求すべきか審議しているという。

過去の連邦政府の調査では、Zuckerbergはワシントンポストが発見したFTCの審議文書を提示し、2011年の和解においてはFTCはそれ以上Zuckerbergに対し調査を行わないとしていた。

しかしワシントンポストの報告によれば、先月の問題発覚の際にFacebookの関係者が規制当局と会合したことで、調査が「ここ数週間で厳しくなった」と示唆し、これにより、Zuckerbergに対する措置に加え、Facebookに対し数十億ドルの罰金を科す可能性もあるという。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /