ニュース

台湾Foxconnは依然として13,000人のウィスコンシン州の雇用を約束すると主張

アメリカウィスコンシン州の新知事が、台湾Foxconnとの取引は「中止」とし、交渉をやり直す必要があると述べている。

 

台湾Foxconnは依然としてウ州に13,000人の雇用を約束すると主張

 

Foxconnは、主要となる新しい工場の建設稼働によって創出されるウィスコンシン州の雇用に基づいて、税制優遇措置、インフラストラクチャの改善、およびその他最大40億ドル相当のインセンティブの提供を受けていた。にもかかわらず、計画の縮小、さらには工場を建設すること自体が曖昧だったりと、漠然たる様態を呈していた。

トニーエヴァース知事は、「現在の契約はもはや存在しない状況だ」と、納税者の血税を保護するためには再交渉が必要であると述べた。

ロイター通信によれば、Foxconnは声明を発表し、同社のコミットメントは変わっていないと主張した、と伝えている。計画の最初の段階では、昨年はたった260人の雇用を創出することが要求されていたが、178人の労働者だけの雇用が決まっただけで、要求に沿ったものではなかったとも伝えている。

総計4億ドルのインセンティブの大部分は、Foxconnが雇用目標を達成することが条件で、このままであれば州の支出ははるかに少なくなるが、ラシーン郡とマウントプレザントは、工場のニーズと地元のサービスを強化するために、約9億ドルの先行投資をすることに同意している。これには、土地の購入費、水道等のライフライン、さらに消防費および警備費が含まているという。

しかしながら、Foxconnが約束を守れないという懸念より、Moody’sはマウントプレザントの信用格付けを引き下げている。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /