Apple

Apple、Qualcommにおよそ60億ドルのロイヤリティーを支払い和解

AppleとQualcommは、今週初めの裁判を終結させるために驚きの合意に達した。この取引には、AppleからQualcommへの1回限りの支払いが含まれていたが、どちらの企業も支払いの価値を明らかにしていなかった。そこで今、アナリストは取引の詳細を推測しようとしている。

UBSのアナリストTimothy Arcuri氏は、CNBCが今日入手した投資家向けのメモで、和解の一環としてAppleが50億ドルから60億ドルの間で支払った可能性が高いと述べた。Appleとそのサプライヤはクアルコムからのロイヤリティ支払いを保留にしていたが、それは報道によるとおそらく70億ドル以上とみられていた。

UBSの見積もりが正しかった場合、Appleとサプライヤーの双方がチップメーカーへのロイヤリティの支払いを差し引き、そして最近の見積もりはその額がおよそ75億ドルであると見積もっていたという。

さらに、UBSは、AppleがiPhone 1台あたりの特許料として8ドルから9ドルの範囲でQualcommに支払うと推定している。したがってAppleは販売されたiPhoneごとにQualcommに7.50ドルを支払うことは、ロイヤリティの観点からQualcommにとって注目に値する額である。

今回の裁判では、どちらが「勝者」であるか判断するのを困難にするものだった。例えば、8ドルから9ドルのロイヤリティが裁判沙汰の目玉とは言えないし、さらに、今回の和解により、Apple はiPhone用の5Gモデムを獲得できている。

和解によるこの契約の影響がAppleの四半期に影響する可能性があるだろう。もしそうなら、AppleがQualcommに対して行った一時支払いについてもっと掘り下げることができるのかもしれない。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /