アプリ

MacとAirPodsを簡単に接続できるアプリ「ToothFairy」がバージョンアップ Powerbeats Proなども対応!

MacでAirPodを使用する場合iOSほど簡単ではないが、サードパーティ製アプリ「ToothFairy」にはいくつか優れた機能がある。

そこでToothFairyが新しいカスタマイズ設定やユーザーインターフェースの改善を施してバージョンアップされた。

 

Powerbeats Pro、Powerbeats 3なども対応、固有アイコンが追加

 

初めてインストールする方に説明すると、「ToothFairy」とはAirPodsとMacを簡単に接続したり切断することができるサードパーティ製のアプリ(有料360円)。Macにインストーするとデスクトップ上のメニューバーにアイコンが表示される。

今回のアップデートでは、メニューバーに表示されるアイコンでカスタマイズできるようになっている。以前のToothFairyでは、AirPod用のアイコン、および一般的なヘッドフォンとキーボードがあるだけだったが、今回のアップデートでPowerbeats Pro、Powerbeats 3などに固有のアイコンも追加されている。

また、メニューバーでデバイスをクリックすると、そのデバイスの名前、接続ステータス、およびバッテリ寿命を示すポップアップが表示される。

ToothFairyのアップデート内容:

  • 「環境設定」ウインドウで、Dockアイコンが隠れているときにメニューバーのアイコンを右クリック(またはControlキーを押しながらクリック)して環境設定にアクセス可能。
  • 「環境設定」ウインドウでバッテリーの状態を表示するには、「システム環境設定」の「Bluetooth」パネルにバッテリー残量が表示されるデバイスが必要の説明を追加。
  • アイコンとオーディオ入力設定、および新しいApple H1チップの装着方法をわかりやすくするために、さまざまな[環境設定]ウィンドウのテキストを調整。デバイスが接続のマニュアルを追加
  • Bluetoothにエラーがある場合、問題の正確な原因を調査のために16進コードとエラー名を表示
  • アイコンの変更がmacOS 10.11で機能しなかった問題を修正
  • Xcode 10.2とSwift 5のコードを更新

ToothFairy for MacはMac App Storeから360円で入手可能。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /