Apple

サプラチェーンアナリストによるとiPhoneの出荷台数は2019年第2四半期に予想を下回る?

サプラチェーンアナリストによるとiPhoneの出荷台数は2019年第2四半期に予想を下回る?

Appleは今月末に2019年度第2四半期の収益を発表する予定だが、そのリリースに先立って、アナリストたちは今四半期のiPhone出荷台数に関する予測を提示しており、ある企業はすでに弱気な見方をしている。

メディアリサーチ会社のOTR Globalは本日、2019年第2四半期にAppleが3,700万から4,200万のiPhoneを出荷したと予測する声明を発表した。
一方、WALL STREETのアナリストは4,000万から4,500万の出荷を見込んでおり、Street Insider最初に報告していた。

OTRは、同四半期のiPhoneの受注と需要について、アジアの18のサプライチェーンの幹部から調査した結果、Appleは予想を見失う可能性があるだろうと結論付けた。

同社は、理由として「新しいXRおよびXSモデルに対する需要の低さ」に帰しています。

今となってはAppleはiPhoneの販売台数を公表しないため、実数がアナリストの予測とどのように比較されるかを測定することはほぼ不可能なのであるが、Appleは今四半期、iPhoneの需要が予想を下回ったために収益見通しの見直しを余儀なくされたため、今後さらに精査を受けることとなるだろう。

一般的にアップルによって提供されるガイダンスとして:

  • 550億ドルから590億ドルの収入
  • 売上総利益率は37〜38パーセント
  • 営業費用は85億ドルから86億ドル
  • その他の収入/(費用)3億ドル
  • 約17パーセントの税率

比較のために、Apple は2018年第2四半期の売上高を611億ドル、iPhoneの売上高を5220万ドルと発表した。また、iPadは910万台、Macは407万台を出荷している。

Appleは4月30日に2019年第2四半期の収益を発表する予定となっている。午後2時から午後5時(米国東部標準時間午後5時)に開催され、Appleはその30分前にその全業績報告をプレスリリースで発表する。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /