Apple

中国政府によるApple Musicへの検閲に関して米国の政治家らがAppleを批判

今週初め、中国のApple Musicが天安門広場の大虐殺を風刺する内容のものを検閲したことが発覚。現在、Appleは中国政府の要求に従っているため、米国の政治家からの反発に直面している。

問題の曲は、”The Path of Man”というタイトルで、香港の歌手Jacky Cheungが演奏したもの。1989年の天安門事件をありのままに風刺しているそうで、先週、その曲はApple Musicから、そしてQQ Musicのような中国の他のストリーミングサービスからも削除されたようだ。

またさらに、香港の歌手、アンソニー・ウォンや民主主義の歌手デニス・ホーの作品も今月中に中国のアップルミュージックから一斉に削除されている。

中国でこれらの物議を醸す削除に続いて、Appleは米国内の政治家からの批判に直面している。The Vergeによる報道によると、上院議員のマルコ・ルビオ氏は、中国でApple Musicを検閲にゴマを擦るAppleの態度を「不名誉」と呼んだ。

 

「天安門事件から30周年に近づくにつれて、アメリカの最も革新的で影響力のあるハイテク企業が中国共産党の積極的な検閲努力を支持するのは残念極まりない」

 

ルビオ議員はまた、市場アクセスと引き換えに、Appleの中国での態度を「共犯的だ」と述べた。さらに上院議員は、中国政府が「集団監視、思想検閲、および人権侵害」を行っていると述べた。

一方、議会のキャシーマクモリス議員は、Appleがこの記事を「世界の自由のためのより強い声」になるためにTwitterの投稿で使用すべきであると言った。「中国共産党のハイテク検閲に加担することを選択したアメリカのハイテク企業の最新の例」と彼女は綴っている。

グレッグウォルデン議員は、Apple Musicの検閲について尋ねられたとき、アップルは「公に説明をすべき」と述べた。

Appleはこれまで中国との関係について幾度となく米国の政治家から批判されてきた。2017年にも、ルビオ議員 はAppleと中国との絶望的な関係とティム・クックを避難していた。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /