Apple

Appleの新しい特許がリーク。MacにFace ID、Magic KeyboardにTouch Barか。

Face IDがiPhoneからiPadにも搭載された今、AppleがMacにもFace IDが搭載されることは当然のことか思われるだろう。これについてAppleの最新の特許出願の中で発見されたという。

しかし、この特許はまた、Touch BarがMagic Keyboardに搭載されるものも含まれていた。

 Appleが最初にiPhoneでFace IDを搭載した初見の特許は、、実際にはiPhoneではなくMacに関連していた。この特許についての機能の説明には、

 

この特許には、スリープモードのMacがカメラを使って顔を認識する方法が記載されています。おそらくこれはパワーナップに追加された機能である。スリープモードのMacはまだ多くの電力を使わずに特定のバックグラウンドアクティビティを実行することができる。

Macが顔を認識した場合、ユーザーが識別されたならば、それからMacを起動できる。

基本的には、Macは顔が認識可能かどうかを確認しながらスリープモードを維持し、完全に起動する前に顔認識を実行する。

 

 Patently Appleが発見した特許出願は、実際には顔の3Dマップではなく網膜スキャンを使用したFace IDで、これは一部のハイエンドセキュリティシステムで使用されている技術の一種であるという。

Appleは、特許請求の第86号において、

 

Touch Barを備えた装置も「顔検出センサ」であり、生体認識センサーを使用することができると述べている。特許請求の範囲第87号においては、「生体認識に用いるのは網膜スキャナである」。

 

これはAppleがFace IDの新しい技術に切り替えることへの真の関心事であるかもしれない。あるいは単に特許出願でそうであるように単にすべての基盤をカバーするだけなのかもしれない。

Magic Keyboardについては、アプリケーションをキーボードのタッチバーに示しています。これもまた新しいものではなく、2017年以前の特許出願である。

ただAppleは出した特許の中には日の目を見ないものも非常に多い。ゆえに、このアイデアを実際に実現するかどうかについては甚だ疑問がある。その理由に第一にまず、ワイヤレスキーボードでOLEDパネルを常時点灯させるとバッテリ寿命が大幅に短くなるだろうし、実際に実現されるにはまだ開発の余地がある。実現を期待するにはまだ時期尚早なのかもしれない。

じゃる
こんにちは、運営者の「じゃる」と申します。

当サイトは私の好きなApple情報を中心に、趣味のスーパーカー(自動車)情報や航空マイル、クレジット(お金)、ポイント(ポイ活)、その他さまざまな四方山話など幅広く発信していく雑記型のブログです。


☆詳しいプロフィール☆


お問い合わせ

\ Follow me /